スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--
頑張れポットさん

テーマ:ママのひとりごと。 ジャンル:育児

昨日は頑張って2人で皮膚科に行ってきました。
というのも湿疹がなかなか治らないからです。

ここの先生は本当に優しくて

先生:「お母さんがんばってるみたいだし、良くなってるから
    あんまり完璧に治そうって思わなくて平気だからね。」

わたし:「そうなんですか?ありがとうございます。」

先生:「友達の子とか見て何でうちの子だけーって思うかも知れないけど、
    隣の芝は青く見えるだけだから!」

わたし:「そうなんですー!隣の芝が青々してるんです!」

先生:「ははは!大丈夫だよ。お正月セット出しておくからもう少し頑張ってみて」

わたし:「はい、ありがとうございます」


というわけでお肌だけでなく心配性の私の心のケアまでしてもらいました。



話しは変わりますがすっとこどっこい母ちゃん(私の母)の話ですが

先日実家にいったとき王子が寝てる隙にお昼をと思い何も無かったので
カップラーメンでいいやと思い


わたし:「ポットのお湯でいいかな?」

母:「ぬるいから、再沸騰のボタン押したほうがいいよ」

ぽちっ

しばし待つ

ポットさん:ぐつぐつ!頑張ってます

結構待つ

沸いたのでお湯を注ぐ

ポットさん:ちょろちょろちょろ・・・

元気がないわね・・・

わたし:「このポット壊れてるの?」

母:「何で?」

わたし:「だって、お湯が少ししかでてこないよ」

母:「あーー、壊れてるんじゃなくて沸かしたてだからだよ!
   少し待ってぬるくなれば出てくるよ」

はあああああ??

沸かしたてを入れるために再沸騰したんだよね・・・
ぬるくなったらだめだよね・・・


世間ではそれを壊れたって言うのですよ母上


ランキング参加中、↓王子に清き一票お願いしま~す<( _ _ )>
       



スポンサーサイト
王子の心配事 | 2007/12/18 16:45
コメント(2) | トラックバック(0)
首のすわらない大人

テーマ:ママのひとりごと。 ジャンル:育児

私の数少ないママ友達にくみちゃんがいる。
産婦人科のマタニティービクスでお友達になりました。

話しが飛びますが、私は存在感がないことで有名?だ。

マタニティービクスに通いだして3,4回目のときの話。

マタニティービクスでは途中に休憩時間があり、みんな先生と雑談なんかをする。予定日を記入してある写真があるのですが、「この子は先週産まれた~」とかそんな雑談をしたりする。

このときも、私がお手洗いから戻ってくると、写真が貼ってある壁の前にみんなが集まっていた。

先生:「この子は先週産まれたわ
     この子は最近きてないわね」

なんて説明しているのを私もふむふむと聞いていたのですが・・・
その次の瞬間、私の写真を指差してこーいーました。(やっくん風)

先生:「この子も最近来てないわね」


がーーーーーんΣ( ̄ロ ̄lll) 

私:「あの、私来てますけど」と手を上げる

  「しかも先週も来てたんですけどー」と心の中で叫んだ

先生:「ごめーーーん(≧≦) 」

といった後、みんな大爆笑(≧∇≦)だったのです。




そんなこんなで話は戻りますが、そのエアロビにきていたくみちゃんが
そんな存在感のない私を見初めてくれて話かけてきてくれたのです。

くみちゃんの出産日はわたしの2日前で

私が陣痛中

「ぬうおーーー!!い゙だい゙ーーーー((((/*0*;)/」

と叫びまくっているときも祈っててくれて

出産した次の日も「よくがんばったね」と言ってギュウーーっと抱きしめてくれる優しい子なのです。

そんなくみちゃんから先日メールが届きました。

<メール内容>

今日健診と注射してきたよ!

首がすわるの早いって言われたよ♪



なんですとーーーもう首がすわったの?(*・0・*)

うちは全くすわる兆候がない・・・


わたしはかなりの心配性である。 


おっとが帰ってくるとすぐさま

私:「ねえねえ、しんのすけくん(くみちゃんのベビーの名前)
   首がすわったんだってーー 王子首すわらなかったらどうしよう・・・」

そんなときのおっとは頼もしい

おっと:「大丈夫、首がすわってない大人なんて
     いないんだから(^▽^)」


~私の妄想~
「山田君!おはよう!ハッツハッツハー」
 ぐらんぐらーん
 

    
そんな人確かにいない


私:「でも、王子いっつも左ばっか向いてるし、平気かな?」

おっと:「大丈夫、左しか向けない大人なんて
     いないし(^▽^)」


~私の妄想~
「山田君、わたしは左しか向けないから
 その資料を左に持ってきてくれたまえ
 ハッツハッツハー」


そんな人も確かにいない

私:「ほんとだー!あったまいいねー」

このようにして今日も私の悩みは解決するのでした




王子の心配事 | 2007/09/04 22:44
コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。